Authenticité

正規輸入品の価値

正規品と並行輸入品

シャンパーニュのような高級ワインには、正規代理店が扱う「正規品」のワインと、正規代理店以外の輸入元が扱う「並行輸入品」とが存在します。
それは、日本でも「アルマンド」としてこよなく愛されるアルマン・ド・ブリニャックも同じ。
しばしば、「正規輸入品は安心」「正規輸入品を飲みましょう」「並行輸入品に気をつけましょう」という話を耳にしますが、まったく同じワイナリーの同じワインのはずなのに、どこがどう違うのか、ご存じですか。

1. 影響の大きい輸入体制

アルマン・ド・ブリニャック社から正規ルートで直接輸入する正規代理店ADB JAPANでは、デリケートなシャンパーニュを皆様のお手元に品質を保ちながらお届けするために細心の注意を払っています。
たとえば、ワイナリーでの蔵出しの時点から日本の倉庫に届くまでの途中の輸送過程や一時保管過程では、徹底した温度管理・品質管理を維持するため、温度を一定に保持するリーファーコンテナを用いています。

一方、並行輸入品は、どこに保管されていたボトルがどのように買い付けられ、どのように温度管理されて日本まできたかわかりません。そもそも温度管理が悪いコンテナかもしれませんし、他の国で売れ残ったものが何カ国も経由してきたり、などといったことがないとは言い切れないのです。

2. クオリティに響く保管状況

デリケートなシャンパーニュにとって温度変化は大敵。ですから、国内着荷後の保管状況も、当然クオリティの保持に大きく影響します。
良い状態で日本に届いても、皆様のお手元に最良の状態で届かなければ意味がありません。ADB JAPANの正規品は、繊細な温度管理を実現する冷蔵設備を完備した倉庫に保管されます。

3. サポート体制の差

出荷時の最良の状態を知り、惚れ込んで、アルマン・ド・ブリニャックを扱っている正規代理店のスタッフは、大切な自社ブランドを扱う責任と喜びをいつも感じながら、常によりよい状態を目指して取り組んでいます。

正規代理店ならではの専用のシャンパングラスやアイスバケットなど様々な販促品もお取引内容に応じてサポートさせて頂いております。

並行輸入品を扱う業者・企業は千差万別ですが、確実に言えるのは、アルマン・ド・ブリニャックを扱う喜びと誇りをもって品質保持に取り組むブランド愛と、その結実としての手間や継続的な投資には大きな差があるだろうということはご想像頂けることと思います。
そうした姿勢の差は、品質保持のみならず、サポート、アフターサポートの差になって現れます。
たとえば、このサイトのお問合せフォームは、アルマン・ド・ブリニャックへの質問や発注などのご相談にお応えるためだけに設けられています。アルマン・ド・ブリニャック専用の問い合わせ窓口が、並行輸入品を扱う業者・企業のウェブサイトやショッピングサイトにあるのを見たことがありますか?

正規輸入品の見分け方

ここまでで、「アルマンドはアルマンドでしょ」と思ってらっしゃった方も、正規品と並行輸入品の差の大きさを感じて頂けたことと思います。

では、ADB JAPANが取り扱う「正規品」と、品質の保証がなされない「並行輸入品」をどうやって見分ければ良いのでしょうか。

見分け方はとてもシンプルです。正規品には、「正規輸入品」のラベルがついています。
輸入時期によりますが、以下のいずれか、または両方が貼付されています。

ボトル

ラベル

背面下部のラベルに正規代理店である弊社が、輸入者である旨の記載があります。
また、ボトル背面下部のビューターラベル付近に「正規輸入品」のシールが貼付されています

ボトル

ボックス

シール

「正規輸入品」であることを判別可能なシールが貼付されています。

ボトルのコーティングやボックスの漆塗りが剥がれますので、シールを剥がさないようご注意下さい。

ボックス

並行輸入品の多くは、日本語のラベルが貼られていても、輸入者として正規代理店であるADB JAPAN以外の事業者が記載されていたり、写真とは異なる紙製等の異質なシールがボトルの背面に貼られているので、すぐに判別できます。
「いつものアルマンドだ」と手に取られたら、ぜひ一度、背面をご覧になってください。

ひとりでも多くのお客様に、本物の「アルマン・ド・ブリニャック」の上質な味わいを味わって頂ければと願っています。